スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by petitlion
category:スポンサー広告  

チャイルドシート
自転車の話題を載せたので、自動車のことも載せておきます。


ちょうど長男が生まれる頃、チャイルドシートが必須という話になり、
何が良いのか、悩みました。


色々検索していてbaby-pro というサイトに出会いました。


チャイルドシートの安全基準の話や選び方、ベビーカーの比較など
とても詳しい話が載っています。


チャイルドシートは日本の基準とヨーロッパの基準があること、
安全性や快適性の話など、おそらくただお店に行っただけでは
分からない話が載っています。そのせいか、そのレポートには
プロ御用達と書いてあります。(ホント??)


そのなかで、私が選んだのは、ドイツのレーマー社製のもの。
日本のメーカーのほとんどが、新生児から同じ物を長い時間
使えることに重きを置いている中、ヨーロッパのものは成長に
応じてシートを変えていくのが普通のようです。


身体の大きさが違うのに安全性を維持するのは確かに無理が
あるかも・・・と思いました。



生まれてすぐは、こちら。
約1歳半(13kg)くらいまでとありますが、からだの大きい次男は
すでに卒業しました汗とか






次男が今使っているのがこちらです。
8か月~4歳(9~18kg)とあります。早めに変えた方が、
ゆったり座れる感じです。
変えたとき、全く違和感なく、ああ前のは狭くなっていたんだなあと
実感しました。








そして、いま長男が使っているのがこちらです。
3~12歳(15~36kg)まで使えるそうです。






長男も次男もチャイルドシートに座るのが当たり前に
なっていて、長男ですら車だと眠くなるようです。
おとなしいので助かります。


本体はかなり頑丈そうというかごついですが・・・
安心には代え難いかなと思っています。


おかげで、車の後部座席は二人に占領されています。
どうしてもっていうときは真ん中に女性ならすわれるかな??
あまり座りたくないですが。。。
スポンサーサイト
posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://smallhappiness8.blog55.fc2.com/tb.php/86-0c216cbc
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。