スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by petitlion
category:スポンサー広告  

再生医療って
ここ最近、iPS細胞(人工多能性幹細胞)とかES細胞
(胚性幹細胞)とか、再生医療といわれる分野の話を
よく聞くようになりました。

以前は、骨髄や臍帯血が白血病などの治療に使える
というような話をなるほどという位にしかとらえていま
せんでしたが、病気のこどもがいると、以前よりは
そういう話題に敏感になってきたかもしれません。

できれば、血管を再生できたらいいなあと、人工血管
ではないものにできたらなあと。

そんな中、ちょっとびっくりした話は(といっても4月の
ニュースなのでだいぶ前ですが)、「月経血から採取
した細胞が、心筋細胞などをつくる新しい幹細胞と
して期待できる」というものです。

受精卵が着床するはずの子宮内膜がはがれたもの
が月経血だから、ただの血液ではないのかな~
すごいなあと医学的な根拠もなく(笑)思ったのです
が、本当に最近の医学の進歩はすごいですねBrilliant.

臍帯血を採っておけばよかったかななどと今更
ながら感じることもありますが、先日新聞で癌の
手術を受けた方が「病気は情報戦でもある」と
書かれていました。本当にその通りだと思います。
その方は、自分でどの病院にかかるべきか考え、
その病院に予約を取って行ったそうです。

これから自分たちにできることって何だろうと
考えるとき、たとえばどの先生に診てもらうのか、
どんな治療が可能なのか、少しでも情報収集
できたらいいなあと思っています絵文字名を入力してください



*NPO再生医療推進センターのHPを見たら、
 再生医療に対しての相談がたくさんありました。
 相談=期待の現れですね花
( http://www.rm-promot.com/)
スポンサーサイト
posted by petitlion
category:病気のこと   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://smallhappiness8.blog55.fc2.com/tb.php/8-9bc719de
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。