スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by petitlion
category:スポンサー広告  

託されし命
昨年の夏、我が家では初めてカブトムシとクワガタを育てていました。


何しろ初めてのこと、スーパーで買ったわけではなく、自然育ちを突如もらい受けて始まった飼育は日々試行錯誤でした。


といっても、私はノータッチを宣言していましたので(笑)、パパがお世話を頑張っていました。


ちょっと放っておくと、土にカビが生えて土を全交換しなくてはならなかったり、ただエサや水(霧吹き)をあげればよいという訳ではなかったようです。


それでも私が子どもの頃のようにスイカやキュウリをただあげている訳ではなく、ゼリーのえさは栄養たっぷりのようで最初の想像よりもずっと長生きしてくれました。


カブトムシをくれた親戚から「オスとメスは別々に飼育しないと、卵を産んですぐにメスは死んでしまうよ」と言われ、別々の飼育箱に入れたものの、メスは何度か脱走したりと、これでよいものか・・・と悩んだものです。


ところが、寒くなり一匹一匹と天へ戻っていった彼らの飼育箱からカブトムシの幼虫が見つかりました!そうあの白いあれです。


しかも3匹も!


クワガタの場合は、1匹ずつビンに入れるらしいのですが、カブトムシは??なんだかよく分かりません。子供用の本では幼虫の飼い方まで詳しくは書いてないんです。。。


パパは栄養たっぷりの土を買い・・・とりあえず幼虫を新しい飼育箱に入れて移してあげました。


成虫ですらこわごわの飼育だったのに、突如現れた幼虫さん。それでも少し大きくなっているようです。


うちの玄関(1階)でちょっと(かなり?)邪魔になっていましたが、場所柄とても寒いところ・・・。まずいのではと先日、2階の廊下へ引っ越ししました。


もっと早く移すべきだったかも・・・と思いつつ長男や次男には分からないように、雑誌のストック場所(資源回収待ち)に紛れさせて・・・。


置き土産のように託された命、無事成虫になれると良いな~。春までのんびり育つんだよ~。
スポンサーサイト
posted by petitlion
category:日常   comment:2 trackback:0

comment
毎年育ててます
寒いうちは冬眠するから、土が凍らない場所だったら大丈夫!
気温が上がって活動を再開したら、すごくよく食べて大量のフンを出すから、3匹一緒の飼育箱だとまめに土の交換が必要かも。(1匹につき成虫になるまでに3リットルの土を食べるらしい)
土の表面にコロコロした縦長のかたまりが多くなってきたら交換です。ただ、幼虫さんは案外気難しくて、土が気に入らないと土の上に出てきちゃってそのまま☆になっちゃうことがあるから、土を全部取り換えじゃなくて半分ずつ取り換えて、ちょうどいい湿気を保って、という管理が必要です。
土がやわらかすぎるとさなぎのお部屋が作れないから、5月になったらケースの下半分の土は固めに敷きつめておくほうがいいです。
それと、ケースが大きくないと3匹分のさなぎのお部屋のスペースがとれないから要注意。
土の上でさなぎになっちゃうと、羽化で失敗することがあるので・・・。
こんなこと、ご存知かな?と思いつつ、おせっかいでごめんね^^;
立派な成虫になりますように!
2010/02/26 00:56 | | edit posted by てん
てんさんへ♪
たくさんアドバイスありがとうございます!
3匹いっしょのおうちではちょっと問題有りのようですね。。。土はきのこ農家が売っている良いものを買ったようなのですが、たくさん食べるんですね~。未知の世界です!知らないことばかりでした。

せっかくなので、がんばります♪パパに頑張って貰います~。
2010/02/27 14:19 | | edit posted by プチライオン
comment posting














 

Trackback URL
http://smallhappiness8.blog55.fc2.com/tb.php/231-2cbb6869
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。