スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by petitlion
category:スポンサー広告  

無事カテ終了しました。
無事にカテ終了、退院しました。


『無事』と書くのは、事前説明で色々なリスクのことを説明されるからです(-.-)
(何度もしているからかなり省かれてましたけど・・・書面にはしっかり書かれてます)


心臓カテーテル検査では、通常太ももの付け根から血管の中を心臓までカテーテルを通して検査をするのです。


大人の血管であっても細い血管・・・ましてや子どもの血管は・・・どれだけ細いのか。。。


事前のエコーでは心臓ではなく、カテーテルを挿入する足の血管の様子をチェックしていました。


開腹手術ではありませんが、カテーテル検査は内科の先生による手術です。



土曜日に事前検査に行っていた次男に、また病院に・・・しかもお泊まりすると話したら、やっぱり納得いかない様子。


それでも、お胸が元気なのか検査してもらわないといけないんだよ。ママも一緒に泊まるからというと渋々頷く・・・。(が、その後何度も帰りたい。発言が。)


当日は2件目ということで、まず心配だったのが絶飲絶食です。いつまで食べて良いんだろう~我慢できるのかな~と・・・。


朝食(7時半)は食べることが出来て、9時までは飲食OKでひとまず安心。


ところが、その後点滴のラインをとるのに大騒ぎ。針が入ってしまえば後はおとなしくしていたようだけれど・・・看護師さんも今が一番難しい時期かもと。もう少しすればね・・・と。


今も、何となく納得してはいるのだけれど、でも痛いこと(怖いこと)はイヤ。少し前に全く泣かずに採血することも出来たのに、なんだか分かるようになってきて逆に怖くなったのかな。。。


ここで大泣きして疲れたのか、その後、パパが病院に来て膝に載せてもらったら爆睡してしまった・・・。午前中に寝るなんて、やっぱり病院にいるストレスで疲れてたのかなあ。


そのまましばらく寝ていたのだけれど、看護師さんが検査前の抗生剤をラインに入れに来て・・・その後すぐに先生が眠るための注射を持って登場!


ラインに入れるのではなく、腕に注射らしく、あらら・・・と思っていたら眠っている腕にブスリ!!!


気持ち良く眠っていた次男・・・飛び起きて大号泣(ノ_<。)


仕方ないんですけどね・・・。


検査室へ行くベッドが来たものの大人しく横になるはずもなく・・・仕方なく途中まで抱っこで、それでも暴れていたので保育士さんが抱っこして連れて行ってくれました。
(久しぶりに入院したら病棟に保育士さんがいました!びっくりです。)



その後、2時間半くらい待ったでしょうか・・・。連絡用のPHSに終了のお知らせが来ました。


すぐに病棟に戻って先生に説明を受けます。


パソコン画面で検査結果がすぐに確認できます。


おそらくバルーンと言われていたにもかかわらず、狭窄もないとてもきれいな肺動脈でした。


2回シャントをしているラステリとしてはかなり良い状態とのこと。肺動脈の圧も問題ないようです。


確かに、ラステリをしたときに狭窄していた中心肺動脈を広げると言うことだったのですが、以前のように狭窄しているところもないのが素人目にも分かります。


一安心です。


また、カテーテル先にペースメーカーをつけて心拍数を変化させたり、特殊な造影剤による負荷をかけたりと色々検査をしたようで、負荷をかけても殆ど不整脈は起こらなかったそうです。


が、心拍数を上げるとちょっとついていかれないような感じがあると。。。期待してたよりは低め、7割といった感じと言われ、かなりショック・・・。


もちろん、現状では全く問題なく、小学校入学時に負荷テスト(運動して様子を見る)しようということでした。


が、頭の中は『7割』がずーっと頭の中に残ていて・・・(-.-)


心拍数が上がるとどうなるんだろう???という疑問が離れませんでした。



(長くなってしまったので次回へ)



スポンサーサイト
posted by petitlion
category:病気のこと   comment:2 trackback:0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。