スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by petitlion
category:スポンサー広告  

支援の輪
フィンランドから常温保存の可能な乳幼児用ミルク(液体)が
送られてきたニュース、ご覧になりましたか?


(フィンランド、乳児用ミルクで検索できると思います。)


フィンランド在住の日本人のかたがツイッター上で呼びかけた結果、
ミルクの会社、航空会社の支援も実現し、輸送できたそうです。


しかもこのミルク、常温保存可能で、暖めずにそのまま飲めるそうです。すごいですよね!!


被災地では本当に便利なのではないでしょうか。
火も使わず、水も使わずに飲ませられる!


私自身、母乳とミルクの混合だったので、ミルクの方の不安が
とても身近に感じられます。


(災害でなくともあると便利そう・・・お湯を持ち歩いたり結構大変
だったことを思い出します・・・。)


今回のニュースで、日本ではあまり見ないけれど、海外では常温保存の
牛乳があるな~と思い出しました。


関東では放射能の問題もあり、流通の問題もあり、牛乳が不足しています。


まあ、牛乳は本当に日本人の身体に合っているか・・・などという
議論もありますが、飲めないとなると不思議に飲みたくなったりする
ものです。(私だけ??)


普段は豆乳でコーヒーを割って飲むことが多い私ですが、子どもたちは
豆乳に慣れていないし・・・


もしかしたら、国内産、海外産を問わず常温保存の牛乳に目が向けられ
るかもしれないですね。


常温OKなら停電でも大丈夫だし。
ただ、飲んだことがないので、どんな感じなんだろう・・・という
ちょっとの不安もありますが、ささいな問題かしら?



そうそう、HISでは被災された方向けに海外で1ヶ月程度の海外滞在を
支援するプランを出しています。


アジア各国がメインですが、トルコもあって、35000円~50000円程度
の費用負担だけで済むそうです。


実際に海外に行くことは難しいのかなとも思いますが、色々な支援の
形があるようです。


スポンサーサイト
posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。