スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by petitlion
category:スポンサー広告  

保育園説明会
次男の保育園説明会がありました。


送迎は車の予定ですが、今回のような説明会では車が駐められないに違いないと自転車で行きました。
(駐車場は3台分用意されています。)


うちには自転車が3台あるのですが、ほぼ眠ったまま放置・・・。。。


タイヤの空気を入れることから始まって朝からバタバタしてしまいました(-.-)


自転車で15分位かなと思いつつ出発すると、どうやら10分強位で着きました。焦って一生懸命漕いだからかな??


説明会一番乗りをしてしまいました(^^ゞ


張り切りすぎって思ったけど、全体の説明の後にある個別打ち合わせが先着順だったので、結果オーライでした。


うちは色々話すことが多いから、後の方に迷惑だったかもしれないけど・・・。



まずは方針から始まって、延長保育の話、毎日の送迎のこと・・・ま、その当たりは想定の範囲で・・・


その日、一番注目はやはり持ち物のこと。


何を手作りしなくちゃいけないのか、何を持って行くのか・・・。


ちょっとびっくりしたことは、


・おむつ1枚1枚に名前を書くこと。丸めても見える場所に大きく。
 (紙おむつも)


・朝履いていくおむつにも名前を書いておくこと。
 (ゴミは全てお持ち帰りだから。)


・食事用のタオルエプロン(手作り)を1日3枚、口ふきタオルも1日3枚用意すること。
 (2歳児はおやつ、お昼ご飯、おやつと1日3回食べるので、それぞれ3枚必要。手ふきタオルは別に用意。)


・毎日スーパのレジ袋を3枚、もちろん記名付きで持って行く。
 (汚れ物を入れるから再利用不可、ひとつはおむつ持ち帰り。スーパーでもらうだけでは足りそうもない・・・)


・名前はすべて出来るだけ大きく!!!



ひええ・・・(;´_`;)


まあ、通園バッグとかコップ袋とかは覚悟してたんですけどね・・・。


結構大変です。毎日の用意も洗濯も・・・。


今、すでにおつとめのママ、大変です。。。


でも、うちの保育園はまだ説明会が早いほうで、3月半ばって所もあって、2週間で用意できるのでしょうか???


毎日、洋服の予備も3~4組必要ということで、洋服も何もかも足りません。。。


長男のお下がりをカウントして、足りないものは用意しなくては。。。


しかも、午前中におやつって何食べるんでしょ。。。すぐお昼よね・・・。謎です。


2歳児は完全給食ですが、来年になると主食だけ持参して、おかずは提供されるって形になります。


必ず朝炊いたご飯を用意してくださいって話でした。


うん・・・うち今、朝はご飯炊いていないので、また生活が変わるかもですね。


お鍋で炊くので、朝はちょっと面倒なのですが、ま、仕方ないですね。来年だし徐々に・・・。




そんな話の後、個人打ち合わせ。


まずは何が心配かっていう相談で、うちはまずは心臓の話と卵アレルギーの話を。


ひととおり説明して、診断書を今お願いしていること、今のところ運動制限はないこと、たぶん問題はないと思うけれどゆっくり慣らしていければ良いと思っていることなどを説明しました。


そして慣らし保育の話を・・・。


これはうちだけではなく、初めての集団保育ということで、時間を短くという話なのですが、かなり短くてびっくりです。


初日は10時お迎え。次の日は10時半だったかな・・・。15分だったかな。。。


4月からお仕事完全復帰のママは間違いなく厳しいですよね(-.-)


しかも、うちは一時保育で慣れているので、朝一からお昼ご飯まではへっちゃらなんですけど・・・
別れ際に泣いたとしても、すぐ復活しちゃうんですけど・・・


けど・・・ま、心臓のこともあるし先生が不安かもと思って、一応初日10時でOKとしてきました。


それから、通常の送迎時間の話も。


保育園の先生は、定時が8:30~17:00なので、その時間内が一番望ましいということでした。この時間を規定保育時間というらしいです。


その時間外だと非常勤だったり、他のクラスの先生が対応するので、担任とは会えない可能性が高いですと。


なるほどなるほど。(さすが公務員さん。。。)


まあ、うちは長男の保育園も8:00~17:00の契約なので、長男を送って行って、それから次男という流れになる予定なので大丈夫でしょう。


でも、実際には朝は7:30から預けることもできて、夕方も18:30までは延長料はなしです。18:30以降のお迎えだと延長料がかかりますが。


長男の保育園だと定時が8:30~16:30で、時間外7:30~8:30、16:30~19:00まで全て延長料がかかるので、やっぱり公立は恵まれていますね。


アレルギーの話もあるので、園長先生のところにも寄ってくださいと言われて、園長先生の所へ。


卵アレルギーは一番多いそうですが、園では家でトライしたものだけOKとしていること、毎月メニュー表をみてママが除去するものをチェックすること、必要であれば家から持参することなど説明を受けました。


具体的には4月に入ってから相談したいのだけれど、時間が持てますかと聞かれ、必要があれば大丈夫というと、仕事で忙しくて相談したくても時間が取れないママも多いとちょっと嘆いておられました。


そして心臓の話。やっぱり気になるのは不整脈のようで、不整脈が起きたときに分かるかどうかと聞かれました。


病院でも聞かれるけれど、これ分からないのです。。。


ばったり倒れるタイプの不整脈ではないし、多少不整脈が出ていても大丈夫とは伝えましたが、やっぱり心配そうです。最後にはにっこり笑ってくれましたけど。


通常、お昼寝の時には寝入って10分位で様子を見ますということだったので、聴診器を預けた方がいいのかな~。


聴診器で診た方が不整脈が起きているか明らかなので、面倒でも安心だと私自身は思っているのですが・・・今度聞いてみましょう。


できるだけ、先生の不安を減らした方が良いですよね。


なんだか緊張して前日の夜は眠りが浅かった私・・・。その日の夜は子どもたちと一緒に朝までぐっすりでした。(笑)


次男も長男に続いて3年保育ならぬ4年保育の始まりです。頑張って用意しなくちゃ。
スポンサーサイト
posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

あらあら
猫がいなくなって寂しいのは、夜、子どもたちが寝た後の時間。


たいてい、その時間を待ちかねたように猫は出てきて、抱っこやご飯、ブラッシングをねだっていました。


具合が悪くなってからはやせて寝心地(座り心地?)が悪くなったのか、すっかり膝の上で寝なくなってしまって、それはだいぶ寂しいものでした(-.-)


にゃ~という声はもちろんだけど、エサを食べる音やトイレをガサガサさせる音・・・


そんな音や気配が消えたことがなんだか堪えるものなんだと実感中です・・・。



猫が亡くなって2日目のこと・・・


長男を迎えに行って家に帰ってきたら、なんと猫が玄関にいました。


うちのあたりではあまり野良猫を見かけないので、ちょっとびっくり。


何かを口にくわえて走っていってしまいましたが、亡くなった猫のように大きな顔でびっくり顔をしていました。


雌にしては大きな身体をしていて、痩せてからも顔だけ大きく・・・


通院中はいつもカバンからその大きな顔を出して外の空気を楽しんでいるようでした。


病院の待合室でもいつも顔だけキョロキョロ。


なんだか亡くなった猫が差し向けたような猫の登場にちょっぴり嬉しかったり、やっぱりさみしかったり。。。


抱っこ猫だったせいもあるでしょうが、抱っこしたいのです~(-.-)


困りました・・・。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次男の間違い歌


ゆーきやこんこん


あらあらこんこん





直しても直りません・・・(;´_`;)


posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

2歳10ヶ月♪
次男、2歳10ヶ月になりました♪

バタバタしていて、だいぶ過ぎてしまったけど・・・。



次男は去年5月からリトミック(ヤマハ)に通い始め、12月から英語に通い始めました。


ヤマハは月に2回しかないけれど、歌が大好きな次男は自分以外みんな女の子ということも気にせず、ぺらぺらとしゃべり、歌もいっぱい覚えました。


他の5人が女の子にもかかわらず、一番おしゃべりってことを見ると、やっぱりかなりのおしゃべりに違いない。。。(苦笑)


同じクラスのママ、2人が2人目妊娠中、3人が4月から仕事復帰です。うち1人は私立認可保育園に受かったけれど、遠すぎるため駅近の認可外保育園に、1人は認可保育園は最初から諦めて認可外保育園に、1人は隣の市の認可保育園となりました。


ということで、残念ながら今のクラスは3月で終了に・・・。


うちは歌好きだから、保育園に入れなかったら続けようかな~と思っていたのだけれど、無事入れたのでやっぱり終了。


次のクラスのCDは長男のときのがあるから、聞かせてあげることにしましょう♪
(長男の時は、今の次男クラスはありませんでした。低年齢化しているのね。)



英語は、ばーばが習わせなさい~とプレッシャーをかけるので行き始めたのですが、なかなかです。


なんと今は先生(オーストラリア男性の先生)と1対1(私も一緒だから1対2かな)。


最初はきちんとリピートしなかったりと、やっぱりまだ無理だったかなと思うこともあったけど・・・


最近はわりと真面目にリピートするし、歌も結構覚えていて、良く歌っています。


毎回歌うABC song と weather song はほぼ頭に入っているようです。他にも好きな歌はいくつか覚えています。


歌が好きだし、英語だという先入観がないから余計に覚えられるのかな・・・。



で、次男に影響を受けた長男が一緒に歌っていたりするから笑えます。次男の歌うとおりに間違ってみたり・・・。


パパは長男も英語やりたいのではって言うのだけれど、時間的にも厳しいし・・・CDでも聞いてください~。。。


長男の同級生(同じ保育園)のお友達は、土曜日に英語、プール、ピアノをやっているらしいのだけれど・・・無理です。。。


ピアノはどうやって練習しているんだろう・・・。(あ、男の子です。)


しかも、長男は4月からくもんのほかにもう一つ習い事を始めるので、もういっぱいいっぱい。(わたしが!?)



そのお教室はこの間体験教室に行ってみたのだけれど、長男に合うだろうな~と思っていた内容だったから、やっぱり・・・という感じで、帰り際に今ここで申込書を書いて!と催促されてしまったのです。。。
(土曜日枠は人数も少ないし・・・。)


お受験とかっていう感じのお教室ではなく、頭の体操的な内容です。



そうそう、話が長男にずれましたが、次男の英語もたぶん土曜日に移行することになると思うし、また4月は色々と慣れるまで時間がかかるかもしれません。


次男の英語はリトミックも兼ねているような感じなので、ヤマハをやめることもあるし続けるつもりです。




さてさて、最近の次男は・・・過去のことは相変わらず全て『昨日○○した』で表すのですが、未来のことを『今日』で表すようになりました。


明日どこいくかということを、『今日どこいく?』というように聞きます。
(寝る前に聞くので、明日やお昼寝の後のことなんだとわかります。)


そして、ちょっと前からですが、「僕のママ」という言い方をします。


「僕のママ、○○(長男)くんはパパ」というので、なんなんだろう~と思っていたら、どうやら「ママは僕のママ、パパは○○(長男)くんのパパ」と言いたいようで・・・


「ママは長男くんと次男くん、二人のママだよ。パパも二人のパパだよ。」って言ったら、びっくりされました!!


それでも、時々「僕のママ~。ねえ、二人のママなの??」と確認します。(笑)


そして「甘えてるの~。(僕に)甘えて??」と逆におねだりされます。なので、「抱っこして~」と言ってあげると、ぎゅーってハグしてくれます。


長男も次男もまだまだ大好きっていっぱい言ってくれて、嬉しい限りです♪♪




そうそう、最後に・・・長男の寝言をひとつ。


何を怒られたのかしりませんが・・・


「わかっております!!!」


ですって。何、その言い方(-.-)


パパもママもお腹がよじれるほど笑わせてもらいました。


posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

検診でした。
次男の心臓検診でした。


エコーも心電図もなしで、採血のみの予定でしたが・・・


またまた看護師さんが左右2カ所にトライするも採血できず・・・大激怒大号泣の次男(-.-)


しかも、先生は途中でエコー室に籠もって帰ってこないから診察が進まず・・・


今日こそ長男のお迎えに間に合わない・・・とストレスのたまる私。。。


ま、仕方がないですね。。。


良く会うママとお友達にも遊んでもらって、初めて会ったお友達のママやばーばにも構ってもらったり・・・どうにか2時間以上待ち時間を過ごすことが出来ました。


保育園に必要な診断書(心臓、アレルギー)をお願いして、アレルギーも最新のものデータを出すように保育園に言われたことを伝えて、いよいよ採血。


さすが先生はすんなり採血できました。もう、毎回先生にしてもらいましょう・・・。



年末に肺炎で入院した話をして(もちろん、電子カルテに記載済みだけど・・・)・・・


そうしたら、「それでも不整脈でなかったんだね。よかったね。」という話で、どうやら、あちらの病院での話も届いているようでした。


入院中はずっと心電図をつけていたので、1週間も心電図をつけてるのは久しぶりだったから、ホルターをとるよりずっと良いデータになったかもしれません。


そして最近、本当にめっきり不整脈が出ていないので、私が気づいていないだけっていうのはなしにしてほしいなあ~と思っているところなのです・・・。(ま、出ていても長時間ではないことは確かです!)


先生も、前回の不整脈が出たときは薬の血中濃度がたまたま体調などの関係で低かっただけなのか・・・今日の採血で診てみようということでした。


もしかしたら、不整脈自体が収まってきているのかも・・・という話もあって、今年はいよいよどこかのタイミングでカテをしようということになりました。




そして、先生に前々から聞きたくて聞けなかった質問を・・・


次回のオペがいつ頃になるのかという話を聞きました。


実は、次男のしている術式(ラステリ)では小学校入学前に人工血管の入れ替えをするという話を聞いたりすることがあって・・・不安になっていたのです。


先生によればそんなに早く再手術をすることは想定していない。どうしても必要であれば可能性がないわけではないけれど・・・。小学校後半(高学年)になると厳しくなってオペかな・・・というお話でした。


ほっ。


いや、もちろん必要があればそれも仕方がないと覚悟していますが、出来ればオペの回数を減らしたいという思いがあります。


外科の先生はできるだけ大きな直径の人工血管をいれてくれたというお話でしたが、それがどれくらいもつのかは個人差もあり、経過を見ていくしかないのです。(石灰化などによる狭窄や逆流など・・・)


次男はオペ後の評価カテをまだしていないので、今年カテをしたら・・・少しは現状が分かるかな。。。
(エコーでも血流の見えないところがあるらしいので、エコーだけではだめなんです。)


次回検診は3ヶ月後の5月。


ということは、カテはまだ先のようです。


不整脈が落ち着いていますように。保育園が始まっている時期なので、体調がどうなっているか楽しみであり不安でもあり・・・。


先生と真面目に話す私を横目に、次男はABCの歌を歌ったり、しゃべりまくったり・・・またまた「きみは面白いねえ。」と言われて帰ってきました。(苦笑)


診断書は郵送してくださるそうなので、取りに来なくて済みそうです。良かった~。
(あれ・・・支払いは次回ってことなのかしら・・・払っていません。。。)



posted by petitlion
category:病気のこと   comment:0 trackback:0

猫のお葬式
亡くなった猫のお葬式をしました。


どうしよう・・・と思ったのですが、お世話になっていた病院でペット霊園を紹介して貰い、火葬してもらいました。


預けて火葬してもらうこともできたのですが、パパが時間を作ってくれたので、一緒に霊園へ行って、お骨も拾いました。


もう会えないと思うともちろん悲しいのですが、なんだか気持ちが少し落ち着いたというか、何かがストンと落ちたような・・・そんな感じです。


何もかも人間と一緒にすることはないと思うのですが・・・


こういった儀式が人間には必要なのかもしれません。エゴかな・・・(*_*)




次男は「猫ちゃんどこなの?会いたい」と言い・・・


長男は「○○ちゃん、この中?」と言いながらも「どこへ行ったの?お空??」とも言い・・・(;´_`;)


まだまだ死の概念が分かっていません。



パパとも「パパやママもいつかは・・・」という話をしてよいのかどうか、難しいなあという話をしました。


死んじゃうこと、動けなくなること、お空に行くこと・・・。


昔のように命を頂く経験、たとえば家で飼っている鶏を食べるというような経験もしないし・・・
(私もないです・・・卵ぐらい。。。(-.-))


死と生との距離が遠くなっているなあとしみじみと感じます。


近くて遠い・・・表裏のこと・・・。。。


いつかはきちんと理解して欲しいけど・・・もう少し先としておくことにします。











posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

涙と雪
昨日、猫が逝ってしまいました(ノ_<。


日曜まで毎日病院へ行っていて、問題もなく、血液検査もまあまあだったのに・・・


もちろん、自分でご飯を食べに行ったり自由に歩いていたし・・・


だから今週から通院を1日おきにしようと決めたのに・・・


でも・・・


ふと、もしいつか寝たきりになったらどうしようとか・・・


広めのゲージを用意した方が良いのかとか・・・


色々と頭をよぎってしまった私。



ちょっとだけ夜寝る前の様子がいつもと違う???と思いつつ寝たのですが・・・



いつもはみんなが起きる前、6時頃からニャーニャー起きて~と泣くのに、泣かないなあと思って朝起きたら・・・


おうちの中で動けずにいました。。。


心雑音があることは前から指摘されていたので、何か発作があったのかもしれません。


2ヶ月通院に付き合って点滴してたんだから、もういいでしょ?
ゲージで暮らすなんてイヤよ。


なんだかそう言われてしまったような気がしました(--;)




たまたま何も予定のない月曜日に計ったかのように・・・



でも、おかげで横にいて最期を看取ってやることが出来ました。



私の人生、半分を一緒に過ごした猫です。ちょうど19になったところ位です。


なにか穴がぽっかりというよりも、もっと大きなものをもぎ取られたような感じです。



夜になって雨が大雪に変わって・・・


忘れられないバレンタインになってしまいました。




初代の猫(ヒマラヤン)をママのように慕っていた猫(三毛猫)・・・


ヒマラヤンが早くに亡くなってしまって(7歳)、どうなるかと思っていたけれど、立派に立ち直って・・・


近所の猫にしっぽを噛まれたり、顔を引っ掻かれて縫ったり・・・


その後私の結婚でいまの病院にかかるようになって、目がほとんど見えていないと指摘されたけど・・・
(顔を引っ掻かれたときが原因??)


でも、あちこちぶつかることも多かったけれど普通に生活できたし・・・


私の結婚に伴って3回も引っ越ししたけれど、いつもあっという間に慣れてくれた・・・(^^ゞ


旅行するときはいつも病院に預かってもらって、構って欲しいと「ニャーニャー」一際大きく泣いて看護師さんを呼んで、いつもかわいがってもらっていたし・・・


長男や次男がしっぽをひっぱっても、怒らなかった・・・


ちょっぴり本気で怒ったときも、引っ掻いたりしないで、はたくくらいだった・・・
(私には本気で噛んだり、引っ掻いたりするのに・・・)


本当は長男や次男が生まれて、以前より明らかに構ってもらえなくなって寂しかったに違いないのに・・・


長男も次男も猫はおとなしくて静かな生き物と勘違いしているかもしれない・・・




昨日、あれだけ泣いたのに・・・まだまだ涙が出て・・・


整理するために書いてみたけれど・・・


書いてまた涙・・・



本当の空虚みたいなものはまだまだここから先に来る・・・



立ち直るのはまだまだまだまだ・・・






空の上はどう??



うちの怪獣たちを見守ってね。









posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

新しい小児科へ
先週末から鼻水が少し出て、少しなのに呼吸音がおかしい次男(--;)


耳鼻科へ行って薬をもらったけれど、治らず。。。先生は「薬いる?」という位でそんなに問題はないようなのだけれど。。。


先日の肺炎がトラウマになっている私。前から気になっていた小児科へ行ってみることにしました。


隣駅とうちの間にあって、今度行く保育園に近いので良い先生だといいなあと思いつつ。


しかも、心臓の病院での経験がある先生らしいので、それもかなりのプラスポイントです!


診察券があれば携帯から予約が出来るのだけれど、初診は予約なしで行かなければならず、とりあえず午前中に行ってみると、なんと3時間待ち!?


できたら午後一番に来て欲しいと言われ、出直すことに・・・(;´_`;)


次男は病院で遊ぶ気満々(!?)だったので、かなり愚図ってしまいましたが。。。


早めにお昼寝をして、時間前に頑張って行って午後1番をゲット。


混んでいるせいか、時間前に診察が始まり、先生に呼吸音が気になることを話しました。


とても穏やか~な感じで、静かに話す先生。


やっぱり、気管支の音が少し良くないから、しっかりと薬を飲まないといけないと言われました。


小児科なのに、ベッド脇にエコーがあって、さすがという感じです。


これから次男はこちらにお世話になろうかな~と思っています。


ただ、院長先生は病気をなさったようで、診察は週に3日だけなんですよねえ・・・。
(もちろん、他の曜日は非常勤の先生が診察されてます。)


それでも、次男の場合、こちらの小児科で診てもらった方が安心感があるように思いました。


気管支系の薬をもらったせいか、呼吸音が格段に良くなりました。
(次男の場合、不整脈を引き起こす可能性のあるホクナリンテープやホクナリン内服薬は禁止されています。)


まあ、まだ全快とはとても言えませんが、3連休を前にほっと一息です。


ああ、もっと早くこの小児科にかかれば良かったかな・・・(-.-)
posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

歯科検診
長男、次男、3ヶ月ぶりの歯科検診でした。


最初は長男が一人で診察室に入っていき、虫歯チェック+茶渋取り+フッ素。


前回までは、何本かしか茶渋取りが出来なかったのに、今回は大人の研磨機械を使って、全部磨くことが出来たそうです!!


衛生士さんに「かっこよかったよ~!」と言われた長男は満足気。(笑)



その様子を見た次男、


同じように一人で診察室に入って、長男と同じくフルコースでこなすことが出来たそうです!!
なんでもお兄ちゃんと一緒、お兄ちゃんになりたい次男なもので。


そして二人ともピカピカの白い歯になりました♪♪


虫歯なしです。あーよかった。(笑)


いやはや、成長したものです。ママは診察室に一歩も入りませんでした。


長男は自分のデンタルノートを見て、「いっぱい書いてあるでしょ。がんばってる証拠だね。」と言ったら、とても嬉しそうでした。


そして「ママは虫歯がいっぱいなんでしょ???」と何故か嬉しそう。


いやいや、虫歯はありません、治してもらった歯はいっぱいですけど・・・。(苦笑)


「ママが歯医者さんに行くと痛いときもあるけど、○○くんは甘いの塗ってもらうでしょ。痛くないでしょ。良いなあ~。ちゃんと歯磨きしてるからだね。」


というと、さらに満足気。


いいです、いいです。ママは悪い見本で・・・。君たちの歯が大事ですからね。


色々分かってきているし、ちゃんと出来てるって褒めて、毎日の歯磨きにつなげたいものです。


次回は5月。また3ヶ月頑張りましょう♪
posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

嬉しい知らせ♪
週末のこと。


期待しちゃいけないって言いながら、ちょっぴり期待していた通知が来ました!!


そう、次男の保育園入園が承諾されました♪♪


いや~かなり奇跡的です♪


第三希望の保育園ですが、本当に2歳枠は少なくて・・・。


しかも、保育の状況を点数化するのですが、どうも不明瞭なところが。。。


お役所にお尋ね攻勢をかければよかったのかもと思いつつ、書類提出も遅かったし・・・。。。


掲示板などを見たところ、どうやら要望書を出したりするひともいるらしく、あれれそんなことが通用するならって後からちょっぴり考えさせられたり。。。


何が良かったのかは不明ですが、もしかしたら障害児枠で入れたかも??


はてななのは、枠がとても少なく、認可保育園で各園1人とかという状態で、厳しいですねーと言われたことがあったから。


しかも、兄弟に障害児がいると点数加算なのに、本人のことは書いてない・・・加算なしなのかな??とか。。


申請書類の提出時には手帳のコピーを出したけど、何にも反応がなかったし、それよりも『一時保育にはフルタイムで預けていないと厳しい』とか、『遠方の祖母であっても、手伝ってもらえているなら・・・』と否定的な話ばかり。


点数加算のコツでも教えてくれるならともかく・・・点数の話をしても仕方がないような雰囲気でした。さすがお役所対応・・・。。。


でも、今更ながら、何点だったのかちょっと気になります。(笑)



ま、それはともかく、役所からの封を開いたとき、思わず叫んでしまいました~。


「保育園決まったよ~!!!」って。


次男はもちろん、長男も大喜び!!!


4月からは二人別々の園で送り迎えがちょっと大変(反対方向なもので)ですが、頑張らなくては!!


ただ、ちょっと心配症の次男は「ママちゃんと迎えに来る??」ですって。


今からそれが心配ですか???




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後から分かったことですが、兄弟に未就学児がいると点数が加算される(兄弟が多いほど加算点数が多い)ので、同じ状況であっても第一子は不利になるようです。(自治体によると思われます。)


このあたりでは、昨年末のうちに認可外の保育園も滑り止めとしての予約がいっぱいになっていて、本当に保育園不足です。


しかも、認可保育園は駅から離れた住宅地に多く、認可外は駅近に多かったりします。電車で仕事に行く人にとっては、駅近が便利だけれど園庭がなかったり、保育料が高かったり・・・。


次男を申請するに当たって分かったことは、所得によって違いがあるとはいえ、やっぱり認可保育園は保育料が安いこと。二人目は半額だったりするし・・・。(うちはひとりが認可外だから当てはまりません(--;))


子ども手当の論議も色々ですが、預けたい人がすんなり預けられるようなそんな保育園であってほしいと思います。


posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

実家で考える
週末に実家に行ってきました。


今年はお正月に帰ることが出来ず、その後もバタバタ。ふと気づくと、このまましばらく帰れそうにない・・・という状況に陥っていて、急遽帰ることに。


金曜の夜に出発すると楽なのですが、パパが金曜の夜も仕事が入っていたため今回は土曜朝に出発。


金曜の夜ならば、出発して割とすぐに眠ってしまう二人なのですが、さすがに朝は寝ません。(笑)


最後の一般道で少し渋滞しましたが、思ったよりもずっと早く着くことが出来ました。


今回は特に予定もなくのんびり・・・と思っていたら、4時ごろ一本の電話が・・・。


母の声が緊張してる・・・何事??


伯父(母の兄)が買い物途中に倒れて、救急車で運ばれたとの連絡でした(--;)


ひとりでいたようで、状況が分からず・・・しばらく連絡を待つと、意識はあること、搬送先の病院がわかりました。


糖尿などを抱えているものの、先週も白内障の日帰り手術をするなど体調は良かったはず・・・。


しかも、70を悠に越えながら、いまだに会社勤めを週に2~3日続けている伯父です。


『倒れた』という言葉にみんなが動揺したのは言うまでもありません。


いまだに、なぜ倒れたのかは謎なのですが、状態は落ち着き、快方に向かっているようです。




母より8歳上の伯父ですが・・・色々考えさせられました(;´_`;)


従姉家族がそばに住んでいるとはいえ、母は一人暮らし(犬1匹はいますが)だし・・・普段は元気そうでも、何が起こっても不思議ではない年齢になっているのだなあと・・・。


子どもたちを寝かせた後、母とパパと延命措置の話もしてみたり・・・。


自分の両親の面倒を見ていた母は延命措置は要らないとはっきり言います。私もそう思います。


長期の看護は精神的にも肉体的にも疲労し、さらに長くなれば金銭的な問題でも心をすり減らすことになります。


以前、海外では高齢者になると透析は受けられないという話を聞きました。どこの国だったか・・・忘れてしまいましたが、日本はわりと自由に医療を受けられる国なのだと思いました。


ホームドクター制もないし、自分で選んだ病院、先生に診てもらうことも比較的可能なことが多いのです。
(ホームドクターに診てもらってからでないと、専門の先生に診てもらえないなんて今は考えたくありません。。。)


が、今後医療費の面からも、こういった自由が制限され、年齢による医療制限も現実的になるかもしれません。


若くて本当に治療による効果がみられる可能性の高い患者に治療を・・・と。


でも、頭の中で普段考えていることと、突然家族が倒れたときに思うことは必ずしもイコールではない・・・というか冷静な判断を一瞬のうちに求められても無理があるのではと思うことがあります。


どんな治療をしても先がないという時ですら、どうにかならないものかと思ってしまう。


そんな時が来なければいいけれど・・・少々自分に不安があったりします。



比較してはいけないのでしょうけれど、我が家の老猫問題もどうしていいのやら・・・。


最近思うのは、猫はこんな毎日を望んでいるのかなということです。


毎日病院に連れて行かれて、かなり迷惑そうです。(苦笑)


正直こんなに治療が長引くと思っていなかったのですが、自分でやめたいとはなかなか言えないものです。


先日、先生が間隔を空けられるかなという発言をされたのですが、その後の院長は×でした・・・。


うーん・・・。。。


猫の治療でもこうですから、長引く可能性のある療養についてはよくよく考えなくてはいけないのだとしみじみと考えさせられています。


難しいなあ(;´_`;)










posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。