スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by petitlion
category:スポンサー広告  

退院しました。
昨日、次男は無事退院しました。


ご心配くださった皆様ありがとうございました(*^^*)どうにか家族みんなでお正月を迎えられそうです。


いつもはケンカばかりの長男次男もさすがに仲良く遊んでいました。


一週間ぶりに歩いた次男、ヨレヨレしていましたが、今のところ熱もなく過ごしています。


皆様素敵な新年をお迎えくださいね。そして、来年もどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

入院のこと
24日朝、心臓の病院へ電話して、救急外来(熱があるため)で見てもらうことにしました。


夜中に熱が39度でて、しかも『ケッ、ケッ』という変な咳をして苦しそうです。


大丈夫という気もするけれど、念のためと入院道具一式を用意して行きました。


まずサチュレーションを測るとなんと90~92という数値・・・。


これは入院だってすぐ思いました。もちろん先生もこれは低いと・・・。


ともかく、レントゲンと血液検査をして待つことに。


かなり待たされて、やっと結果がでました。


パソコンの液晶画面上に今回のレントゲンと、今年6月に撮ったものが並べて見せられました。


今回のものは明らかに肺が白い・・・。もわもわと影があります。


「肺炎ですね。血液の炎症反応も14と高いし、サチュレーションも低いので入院ですが・・・肺炎なのでここではなく○○病院に入院してもらえればと思うのですが」と・・・。


うわ・・・せっかくここまで来たのに・・・と思いましたが、肺炎で個室を占領する訳にはいかないのでしょう。幸い今回は心臓の方に問題が出ていなかったということもあるし・・・。


ということで、ヨレヨレになりながら車を1時間半運転して、自宅のある地元の総合病院へ。


紹介状を持った上での救急外来ですが、待たされましたー。


心臓の病院で座薬を入れてもらったので、一時よりは熱が下がっていましたが、機嫌の悪い次男は抱っこ請求ばかり。。。


ベビーカーに入院の荷物をたくさん載せ、片手で次男を抱っこ、片手でベビーカーを操作するのはかなりの苦行・・・。


その状態でレントゲン室、救急外来とウロウロウロウロ(;´_`;)


心臓の病院ではRSウィルスの検査をしていなかったので、念のためRSも検査してもらい・・・病棟へ入れてもらったのは夕方でした(--;)


もし、RSだったら、こんなに病院内をウロウロして大丈夫なのかって心配しました。だって、妊婦さんも小さい子もウロウロしているのに・・・。病院は危険なところです。。。





この病院、初めての入院ですが、親は付き添い入院できません。(親の付き添いは朝9時~夜9時まで。)


そのためか、部屋と部屋の間がガラス張り・・・。カーテン出来るようにはなっていますがね。


看護師さんがお世話しやすいってことでしょうか。


二人部屋に入れられたので、RSではなかったようです。


ともかく、次男はすぐに点滴のラインを確保され・・・サチュレーションの機械と心電図の電極を胸に貼られ・・・。


私は入院の説明をうけ・・・なんだか勝手が違って、え?と驚くことばかり。


親は感染防止のためベッドで休まないようにとか。
(→横になってるけど・・・。隣にいないと次男は眠れない・・・。)


付添人はベッド横での飲食禁止とか。
(→無理です。ご飯は遠慮してるけど、飲み物とかは一応こっそり。)


DVDの持ち込み禁止とか。
(→電源を使うものは全て禁止。まあ気持ちは分かるけど、長期入院には不可欠なのに・・・)


あああ、もういつもの病院に戻りたい~って感じです。




でも、有り難いのは、今回の紹介状を書いてくれた先生がわざわざ24日の夜、病室まで来てくれたんです。


この病院には週に1日いらしてるのですが・・・だって、その日はいつもの病院でお仕事していて、そこで紹介状を書いてくれたわけで・・・その夜にですよ。お仕事の後に・・・


しかもイブですよ。イブ!!!


先生のおうちも、そんなに近くないって言ってらしたのに。。。


先生のご家族にごめんなさいって感じです。


でも、先生は小児科の先生に色々心臓のこととか指示を出してくれたようで、とても有り難かったです。


で、最後に「心配なことがあったら病棟(心臓の病院の)に電話してくれて良いから。」って。


心臓の病院の先生たちは、主治医でなくてもとても良くしてくれます。


入院していれば、色々な先生が代わる代わる病室に来て診察してくれるし、声をかけてくれるし・・・ちょっとでも長く入院したことがあれば、殆どの先生方と面識を持つことが出来るはずです。


主治医が「うちのチーム」と呼ぶ意味がよく分かるなあと思っていました。


いま、入院している病院では担当医の顔しか知りません。もしかしたら、朝は検診されているのかもしれませんが、今日の病状を説明してくれたりすることはなく・・・昨日は先生がいたけれど、今日はいないから説明がない。そんな感じです。(笑)




まあ、病状としては入院翌日にはすっかり熱が下がり・・・胸のゼイゼイもだいぶ減り・・・点滴のラインも今日抜かれ・・・


明日朝熱がなければ退院らしいです・・・。


毎日、次男が寝てから帰ってくるのですが、朝は毎日「ママ~会いたかった!!!」と涙で迎えてくれます。


最初の日は私もワンワン泣いてしまいました。


親が泊まれない病院なのに、看護師さんの数が多いわけではなく・・・放っておかれる様子を見てしまったから・・・余計に・・・。


次男はもう赤ちゃんとはだいぶ違って、色々分かってしまう年なので、余計に辛そうです。


今日も「早くおうちに帰りたい、帰ろうよ~。」と言っていました。



今回の入院は長男も保育園がお正月休みに入ってしまったり、パパも仕事が年末進行で厳しい状況だったり、猫が相変わらず毎日病院通いだったり、私もひどい風邪をひいていたり(のどの痛みが無くなったと思ったら、今日は咳が・・・)と綱渡りの連続でした。


クリスマスはみんなでお祝いできなかったけど、早くみんなでおうちでのんびりしたいなあ(;´_`;)


やっぱり健康が一番大事です。お正月はのんびり休養かな~。







posted by petitlion
category:日常   comment:2 trackback:0

まさかのクリスマス
水曜日に小児科、耳鼻科ハシゴして


熱もそんなに出ないはずと言われて


解熱剤ももらえず


でも木曜日夜に39度熱出して


結果次男は


肺炎で入院しました。


基礎疾患故かわかりませんが、何故って感じです


熱は一日で下がりましたが、まだ入院中です。


今年は入院しなくて済んだなあって思ったから⁇


最後にこんなクリスマスとは(~_~;)
posted by petitlion
category:日常   comment:2 trackback:0

老いる
今年も残りわずかになってきました。


毎日相変わらずバタバタとしていますが、このところ猫の食がめっきり細くなり、明らかに痩せました。


あれこれ食事を変えたり、かつおぶしをかけたり、それでもあまり食べない。。。


年末年始に病院で預かってもらうことになっていて、事前に健康診断を受けなくてはいけないし、このままではまずいと、病院へ行ってきました。


痩せたとは思っていたけれど、かなりの減り方・・・心雑音も増え・・・腎臓の値は夏の倍以上に悪化(;´_`;)


今の病院で最初に見てもらったとき、つまり私が結婚して実家から猫を連れてきたときに比べ、体重が半分になってしまいました・・・。もともと割と体格の良い猫だったのに、いまでは小さくなってしまったという感じです。


分かってはいるけれど、老いという現実を突きつけれられ、心穏やかにいられません。


このままでは腎臓の値が悪すぎて、それが原因で亡くなっても不思議ではないとこと。


とにかく1週間~10日間毎日点滴に通うことに・・・(--;)


その治療でどの程度腎臓の値が改善するか・・・。


若い猫ではないので、結果は読めませんが、出来うる限りのことをしてやりたいと思っています。


面倒見の良い病院なので、休日であろうとも必要であれば治療をしてくれます。ありがたいことです。


以前、お正月に毎日点滴に通ったことがあります。


今日もまた夜に行かなくては・・・。(今日で3日目です。)




今日は次男がしゃがれ声になってしまったので・・・


耳鼻科→銀行→皮膚科で麻酔テープを貰う→家でご飯→長男を迎えに行く→次男お昼寝、長男くもんの宿題→おやつ→皮膚科→夕食→猫の病院


という強行スケジュールです・・・(--;) ファイト!!!
posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

ほめ上手
11月後半、くもんの体験教室に行きました。(長男です。)



今まで保育園におまかせで、何も習い事をしていませんでした。


保育園では、月2回プール、毎週体育教室(専門の先生による)があり、担任の先生による知能教育もやっているようです。


最初は、サッカーかプールと思ったのですが、土曜日の早朝プールは大人気で定員オーバー。夕方はうちではもう夕食の時間(;´_`;)しかも、サッカーはやりたくないとのこと・・・。とほほ。


そこで、家ではなかなか落ち着いてひらがなや数字の勉強が出来ないので、くもんでも?・・・と。


うちから通える範囲でいくつか教室があるのですが、保育園から行きやすいこと、車を駐めやすいことなどの条件から教室を決めてみました。(まだひとりでいける訳ではないから、大事な条件。)


主催している先生は、自宅で週に2回、団地の集会所で週に2回の教室を開いています。


電話の感じはとっても優しい奥様という感じ。ゆっくりな話し声で、電話で話した感じからも『この先生なら』という感じがしました。



教室に行ってみると、かなりの机とイスが並んでいます。先生は電話で感じたとおり、良い感じです。


最初に診断テストをしました。すぐにこっちに座ってと言われて、大丈夫なのかな~と思いましたが、大丈夫らしい。(心配なのは親だけと前に歯医者さんに言われたっけ。笑)


ある先生と向かい合って何やらやっていて・・・何をしているんだろうと思っていると、数字をいくつまで言えるのか、ひらがなが読めるか、書けるかなどを見ていたようです。


テストの結果は、数字は160位まで言えて、ひらがなは読める。書き順は怪しいけれど、だいたい書けるから書き順さえ覚えれば問題ないという感じでした。


先生は「すごいわ~。最初でこんなにきちんと書けるお子さんはいないわ~。」とおっしゃる。


長男も担当してくれた先生がだいぶ褒めてくれたらしく、なんだかとってもやる気モードに入っていて、親も子も褒めてもらってなんだかうれしい。


先生は親も子も褒めて育ててくださるらしい。(笑)


毎日の宿題も出て、しかも週に2回お教室に通うのは結構大変です・・・。


なんでだかしりませんが、家だと別人のように文句をブーブー言いながら宿題するんです。。。


先生によれば1年生でも集中力は10分しか続かないのだそうなので、仕方のないことなのでしょうけれど、文句言いの長男はあらゆることに文句を言い出すし・・・。


「宿題出来ないなら、もうくもん行かないよ!!!」


と、すでに何度言ったことか。。。(苦笑)


それでも、くもんに行きたいらしい長男。くもんだと、ものすごく集中してやっています。
しかも、先生優しいんだそうですよ~!


そうそう、それに問題なのが次男です。


先生という職種の人が大好きなで、しかも『ぼくもぼくも!!』時代の次男は自分も宿題が欲しいし、自分も席に座りたい・・・。。。


毎回、塗り絵やなんやらをコピーして持ち込んでいます・・・。


でも、だいぶ長男も落ち着いてきたので、昨日は途中お教室を抜け出してコンビニに行ったりしてみました。


車の中で待てるようになると、お互いハッピーなのかなと思うのですが、そううまく行くかしら???




そうそう、昨日、最後に宿題をもらうために並んでいたら、メガネをかけた同じぐらいの背格好の男の子に「何歳?」と訪ねられました。



「5歳。」と長男が答え、私が「年中さんよ。」と答えると、先生が「○○くんより一つ下ね。大きいでしょ。同じぐらいの所(進度のこと)をやってるのよ。」と言っていました。


ちょっと面白くなさそうな男の子。


競争心が出てくる年頃だから、色んな意味でお互いに刺激的なのかもしれません。


長男も、くもんに通うようになってから、急にカタカナを読み始めました。


お風呂場にひらがなとカタカナが並んでる表を貼ってあるのですが、ちょっとずつ覚えているようです。


読めると楽しいし、褒めてもらえる。


家では注意したり、叱ったり、なかなか褒めることが少なくなってしまっている自分を思い返す意味でも、くもんは大切な場になりそうです。


それにしても、また宿題・・・。(1日5枚×2)


そんな我が家にお受験は無謀だとよく分かりました。
posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

ものもらい、その後のその後
先週、1ヶ月ぶりに眼科へ行きました。


実はあんまり良くなっていないなあと思っていたので、かなりおそるおそる・・・。


その場で切開とかって言われたらどうしようと・・・。


その昔、何かで眼科に行ったら、本来の目的とは全く関係のない『脂肪のかたまり』なるものが目の端にあるから取りましょうって言われて、先のとがった針のようなものが目に・・・


実際は恐ろしいことにはならず、わりとあっさり終わったのですが、結構トラウマになっていたりします。(苦笑)


なもので、前日からかなりビクビクしていたわけですが・・・


先生はあっさり「とるには小さすぎるから、取りません。取るときは、瞼の上からと下からと麻酔をするんだけど、小さすぎると麻酔で腫れてどこを切開するのか分からなくなっちゃうんだよ。」と。


なんだ~きれいに無くならないって思ってたけど、どうやらまずますの結果らしい。


次回、3ヶ月後ってことで、まだまだ眼科と縁が切れずに帰ってきました~。




それにしても・・・



今朝から調子が悪いです。午前中倒れていて、食べていないのに嘔吐感があるのでずっと食べずにいて、今ほんの少し口にしたのですが、やっぱりまだ早かった模様です。。。苦しい。。。


あ~ああ・・・最後に来るのはやっぱり私!?


posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

復活!?
やっぱり予想通り長男は吐いておしまいでした・・・。


翌朝(金曜)から元気に復活したらしく、徐々に食べ物も口にして、お腹の方も今のところ問題なさそうです。


感染が心配された次男と私・・・今のところ大丈夫そうです。


食後にお腹がゴロゴロ鳴ったり気持ち悪くなったりと、ヒヤッとすることもありましたが。。。


金曜の夜に保育園の先生から電話があり伺ったところによると、クラスの1/3、9人が欠席で、胃腸炎と熱が半々ぐらいだったそうです。しかも、3人早退したと・・・(゜_゜;)


長男のノロもたぶん保育園からのもらいものとは思っていましたが、そこまで蔓延していたとは!!


長男は明日から行かれそうな感じですが、また何かもらってこないと良いなあ・・・(;´_`;)


posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

ノロ上陸中
ただいま、ノロウィルス上陸中です(--;)



以下、お食事中の方はお控えください。



月曜から長男がお腹が痛いと言っていて・・・水曜から休んでいます。。。
でも、お腹は下らず・・・


昨日になって頭が痛いと言ってゴロゴロ。


夕方二回目の小児科へ。


なんと、歩いて1分の小児科へ歩けないと・・・。
(かかりつけは休みのため、非常かかりつけ?)


仕方なく、20キロの長男を抱っこして、次男の手を引いていく。。。


流行のやつね。吐くかもね~と吐き止めをもらうも、その座薬は吐いた後に使うものだと。
意味ある??


まあ、何度も吐くような場合には良いのかも・・・と思っていたら


夕食のおにぎりを少し食べて、思いっきり吐いた・・・(゜_゜;)



がーん。



やっぱり、ノロだ。



次男が生まれてから我が家に上陸していなかったのだけれど、とうとうまたやってきた!



ともかく、使い捨て手袋とアルコールで処理する。


汚れた上着も捨てる。


ノロウィルスはとても強力だから、酸性の漂白剤では効かないと効いたことがあります。


被害を拡大させないためにも、普段着1枚に目をつぶり・・・


さっさと家の外へ運び・・・処理終了。


長男にスポーツ飲料を飲ませると、本人かなりすっきりした顔に。


そうそう、以前かかったときも、吐いたらおしまいだった。。。


たぶん、これで長男は元気になるのだろうと思うけれど、置き土産が一番怖い。


なにぶん、ノロの感染力はかなり強力。


以前吐いたときには、パパと私の真ん中で寝ていた夜中に吐いたものだから、処理をしたパパもママもその後ひどい目に・・・。


もちろん私も吐きました・・・(;´_`;)


昨日は次男もちょっといつもより少しだけ脈が速く、そのせいなのか食欲も少ないし、早くに抱っこ抱っこと言って眠ってしまった・・・。


寝てからもゴロゴロしていて、なんだか様子がおかしくて、脈のせいなのか、ノロをもらってしまったのか、なんだか不安な夜でした。


おかげで1~2時間毎に目が覚めてしまうし、私もお腹がゴロゴロ音を立てたりしていて疲れてしまいました。


朝の様子では長男はすっかり元気で、いつものように遊んでいるし、次男もとりたてて様子の変化はないみたい。ただの杞憂で終わって欲しいもの。。。


本当ならば、今日は午後から温泉のはず・・・だったのに~(;´_`;)


ま、無理して行っても良いことはないし、家でのんびりしなさいってことかしら~。


最近、生活のリズムが変わって、ちょっと疲れ気味の私。


年賀状もまだまだ用意していないし、やらなくちゃいけないことが山積みだから、気分転換したかったんだけど・・・まあ、良い方向に向かいますように~。


私も次男も感染していないといいな。(苦笑)
posted by petitlion
category:日常   comment:0 trackback:0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。