スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by petitlion
category:スポンサー広告  

小児慢性重症患者認定
うちの自治体では6月末が小児慢性特定疾患医療給付制度の継続書類の提出締め切りとなっています。


今年はわりとギリギリに提出したのですが、提出後2、3日して保健所の方から電話がありました。


手帳の1級を持っているので、重症患者の認定が受けられるかもしれないから、その認定申請書類と手帳のコピーを提出して欲しいとのことでした。


なんだかよく分からないなあと思いつつ、自治体のHPを見ると、重症患者の認定基準はかなり厳しく、心臓疾患では人工呼吸または在宅酸素となっています。


うーん、酸素もしていないしなあ・・・でも6月末になっちゃうし・・・と保健所に電話をして再度確認することに。


すると、手帳の1級または2級を持っていれば、認定基準に当てはまるのだそうです。
(心疾患の場合、2級はないので1級のみということになります。)


それならば申請書類を出さないと・・・と提出して約3週間。先日、小児慢性の医療受給者証が届きました。


何が違うか・・・ということですが、外来、入院ともに窓口での自己負担額がなくなりました。


小児慢性では収入に応じて窓口負担があったわけですが、重症患者の認定を受けると収入にかかわらず窓口負担がなくなるということのようです。


この基準が全ての自治体で当てはまるのかどうかはわかりませんが、お子さんが1級を持っていらっしゃる方は確認してみると良いかもしれません。


ちなみに、うちの自治体では、小児慢性の継続書類郵送時に重症患者の認定申請書類は同封されていませんでした。知らなかったらそのまま・・・だったかなと思います。HPも手帳が基準になるとは書いていないし・・・。保健所の方が気がついてくれただけ。。。


まあ、窓口で自己負担しても、その後申請すれば、障害者医療で医療費は戻ってくるのですが・・・ね。


次男が生まれてから、公的福祉はありがたいとしみじみ感じるようになりました。こうした福祉は削減しないで欲しいものです。

スポンサーサイト
posted by petitlion
category:公的支援(福祉など)   comment:0 trackback:0

心臓検診
水曜日、次男の病院へ行ってきました。


本当は1ヶ月先に予約をしてあったのですが、暑さのためなのか・・・5月は殆ど無かった不整脈が6月、7月と良く出ています(--;)


夏休みに実家にも行くし、先生もお休みになってしまうだろうし、この間はかなり変な脈だったし・・・と色々と考えて、先生に連絡して診てもらうことにしたのです。


いやあ、夏休みなんですよね。病院も家族連れがいっぱい!家族4人総出という感じのひともいっぱいいました。パパも一緒に来てくれるなんていいなあ~と思いつつ、怪獣を見る私。(笑)


そんな中、去年の入院中に病棟で出会ったお母さんと男の子にも会えました~。お兄ちゃんも一緒に来ていたのですが、うちの次男はお兄ちゃんに遊んでもらいたくて追いかける追いかける(;´_`;)


男の子は酸素があるのに、構わずに走り回る。。。


もうひとり見たことがあるなあという男の子も一緒になって騒ぐ騒ぐ。そのお子さんが先に診察室に入ったのですが、しばらくするとドアを開けたり閉めたり。。。きっと遊びたいんでしょうねえ。次男もやりそう・・・。


「元気そうだし、検診の間隔が空いているんじゃない?」と聞かれたのですが、確かにそうなんですよね~。


身体もがっちりしてるし、具合が悪いって感じにはとても見えません。。。


不整脈のことを話したら、そういえば入院中もそうだったねって思い出してくれたみたいでした(^^ゞ



1時間半ぐらい待って、やっと診察室に入るとやっぱり落ち着きなく・・・。


先生は聴診器で心音を聞いた後、電卓を出して計算したり・・・薬の量を悩んでいるご様子。


不整脈の薬は多すぎてもかえって別の不整脈を起こす可能性があるから、とても難しいものなんです。だから、量を変えるって私の想像以上に決めづらいものなのでしょう。


とりあえず1ヶ月程新しい量で様子を見て、あまり変化がないようであればホルター(24時間心電図)をしようかということになりました。


最後に採血をしておくことになり・・・看護師さんが採血の用意をしに出かけると・・・次男ドアを開けたりしめたり。ちょっとイヤな予感がしている様子。


「看護師さんが来るよ~。どこにいるの???」と言うと、開けたり閉めたりしながら「ここよ~」とお返事。


先生うけてました。きみ面白いねえって。前にも言われたなあ・・・。


採血中、「ママ会いたい!!!」という叫び声が聞こえましたが、嘘泣きでした。ここ痛いって採血されたところを指さして泣いてましたけど・・・(--;)



この日は薬の処方が増量分の1種類だけだったので、薬の待ち時間は殆ど無く済みました。良かった~。普段だと2時間待ちだもの。



ところが、帰りは渋滞にはまり・・・かなり疲れて帰宅しました。渋滞区間を運転するのって気を遣います。後ろから追突されたら怖いし・・・。私がハザード点灯しているのに後ろの車が点灯してくれなかったり(--;)


なんでこんなところで渋滞って思ったら、衝突事故でした。。。この間は『この先横転事故あり』ってナビが言うから何事??と思ったら、本当にK自動車が横倒しになってました(--;)


追突した方のセダンは前が少し潰れたくらい。。。Kはやっぱり軽いから???まあ、双方けが人はなさそうでしたが。


事故を目の当たりにすると運転気をつけないとって思います。みなさんも安全運転を~。
posted by petitlion
category:病気のこと   comment:0 trackback:0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。