スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by petitlion
category:スポンサー広告  

小児慢性重症患者認定
うちの自治体では6月末が小児慢性特定疾患医療給付制度の継続書類の提出締め切りとなっています。


今年はわりとギリギリに提出したのですが、提出後2、3日して保健所の方から電話がありました。


手帳の1級を持っているので、重症患者の認定が受けられるかもしれないから、その認定申請書類と手帳のコピーを提出して欲しいとのことでした。


なんだかよく分からないなあと思いつつ、自治体のHPを見ると、重症患者の認定基準はかなり厳しく、心臓疾患では人工呼吸または在宅酸素となっています。


うーん、酸素もしていないしなあ・・・でも6月末になっちゃうし・・・と保健所に電話をして再度確認することに。


すると、手帳の1級または2級を持っていれば、認定基準に当てはまるのだそうです。
(心疾患の場合、2級はないので1級のみということになります。)


それならば申請書類を出さないと・・・と提出して約3週間。先日、小児慢性の医療受給者証が届きました。


何が違うか・・・ということですが、外来、入院ともに窓口での自己負担額がなくなりました。


小児慢性では収入に応じて窓口負担があったわけですが、重症患者の認定を受けると収入にかかわらず窓口負担がなくなるということのようです。


この基準が全ての自治体で当てはまるのかどうかはわかりませんが、お子さんが1級を持っていらっしゃる方は確認してみると良いかもしれません。


ちなみに、うちの自治体では、小児慢性の継続書類郵送時に重症患者の認定申請書類は同封されていませんでした。知らなかったらそのまま・・・だったかなと思います。HPも手帳が基準になるとは書いていないし・・・。保健所の方が気がついてくれただけ。。。


まあ、窓口で自己負担しても、その後申請すれば、障害者医療で医療費は戻ってくるのですが・・・ね。


次男が生まれてから、公的福祉はありがたいとしみじみ感じるようになりました。こうした福祉は削減しないで欲しいものです。

スポンサーサイト
posted by petitlion
category:公的支援(福祉など)   comment:0 trackback:0

小児慢性継続書類
少し前のことですが、次男の小児慢性特定疾患医療給付の継続申請書類が届きました。


毎年、この時期に継続申請のために書類を用意、担当医には意見書(診断書)を書いて貰わなくてはなりません。


期限は6月末ですが、6月に入らないと申請に必要な書類(税金関連)が発行して貰えずに提出出来ません。


また、次回の検診は6月初め・・・。次回の検診で先生に渡したのでは期限が近いだけにちょっと心配。きっと、小児慢性の意見書がいっぱい集まることでしょう・・・。


それなら早く意見書を貰えば、ということなのですが、一般的に診断書は3ヶ月以内のものが有効なわけで・・・早く貰いすぎてもいけないのです・・・。


まあ、前回の検診時にはまだ書類は届いていなかったので、どうしようもなかったのですが、4月に入ったら先生に連絡して指示を仰ごうと思います。


先に郵送しておいて、次回検診時に受け取るということが出来れば私的にはベストだと思うのですが、どうかしら??

posted by petitlion
category:公的支援(福祉など)   comment:0 trackback:0

1級になりました。
次男の手帳が3級から1級になりました。


オペ前からしつこく1級取れますか~と主治医に話していた私。オペ後、落ち着かない日々でしたが、ようやく退院して、診断書を書いて貰いました。


診断書をもらって、ドキドキしながら何級に該当するか・・・という欄を見ました。1級・・・ほっ。


ただ、再認定有りになっていて・・・思わず「再認定は必要ですか?」と聞いてしまいました。


主治医曰くそのほうが審査が通りやすいということでしたので、まあ仕方ないかなと思い、そのまま提出しました。


でも、診断書をよくよく見ると色々問題有りのチェックが入っていて、複雑な思いもしました。病的不整脈有りだし・・・。(実際にあるのだから仕方ないけれど・・・。)


3級からの変化としては、月々の福祉手当が2500円から5000円になったこと、タクシーの補助またはガソリン代の補助が受けられること・・・ぐらいでしょうか。(このような補助は自治体によって異なります。)


手帳は将来的に今よりも必要になっていくと思うので、大事にしたいと思います。
posted by petitlion
category:公的支援(福祉など)   comment:0 trackback:0

小児慢性継続申請などなど
お役所に色々手続きに行ってきました。

小児慢性の診断書はとっくに書いてもらっていたのですが、今年から所得証明書が必須になり、最新のもの(平成20年1月~12月)は6月1日以降でないと発行できないとのお役所事情が発生していました。


提出時にわかったのは診断書は3ヶ月以内でないと有効でなく、早くに書いてもらったことで3ヶ月ぎりぎりになっていました・・・。今週お役所に行って良かったです。来年は気をつけようと思います。


そのほか、障害者医療費や障害者手当の口座変更もありました。次男の銀行口座をマル優に変えたのですが、今までの口座をマル優に変えることはできないので、、新たに口座を作る必要があって、お役所に届け出ていた口座も変更しなければならなかったのです。


しかも、障害者医療費と障害者手当の窓口が違うため、書類も2回書く羽目に・・・。こういうところ、お役所・・・ってかんじですよね。


それから、難病手術見舞金の申請も。自治体によるようですが、オペをすると5万円の補助が出ます。もっと多い自治体もあるようですが、頂けるもの、感謝して・・・頂きます。


そう、カテもオペ扱いです。(先生によるのかな?)入院すると、なにかと出費しますからありがたいですね。


うちの病院はおむつも病院の売店で買うよう指示が出ます。おむつの処理費用が含まれているそうで、かなり高いです・・・。。。なんか見ていると、家から持ってきている人もいるように思いますが、一応。


あと、家で必要な書類もあって、結局1時間ぐらいかかってしまい、次男の機嫌も悪化。疲れました。。。


次男のような子がいると、お役所との縁は切れないですね。医療費の申請も定期的にしないといけないし・・・。(今回ももちろん申請してきました。)


7月末で保険の限度額適用認定証も切れてしまうので、継続申請しなくてはいけません。これは保険組合での手続きですが、外科手術は小児慢性が適用されないので忘れないようにしなくては。


明日は免許の更新に行く予定です。次男は我慢できそうにないので母に見てもらう予定です。退院したばかりでも、何かとバタバタしています。
posted by petitlion
category:公的支援(福祉など)   comment:0 trackback:0

ETC割引
自動車税の減免に続き、ETC割引の手続きに行ってきました。


これは手帳による割引で、最近できた首都圏以外の高速道路、
土日1000円というものとは関係なく、有料道路が半額になるという
ものです。


必要な物は、手帳、自動車車検証、ETCカード、ETC車載器セット
アップ申込書・証明書です。


ETCってクレジットカードのように登録番号があるんですね。
知りませんでした。ETCを買ったときに、この申込書・証明書を
もらうらしいのですが、ちゃんととってあるか心配でした。。
車検証とかと一緒にしまってありました。良かった良かった音符


実際には、役所で申請書を作り、印を押してもらって、
それを道路公団へ自分で郵送します。郵送後、手続き
に2週間ほどかかるそうです。


GW中に高速使っても割引にならないのかなと思ったら、
ちゃんと手帳に裏書きのように書いてくれて、有人料金所
を使えば割引になるそうです。


ETCに慣れてしまうと、有人料金所は・・・と思いますが、
半額なら仕方ないかな??


ちなみに、このETC割引は2年更新とのことで、2年後に
忘れないように更新しなくてはいけません。気をつけなくてはpig
posted by petitlion
category:公的支援(福祉など)   comment:0 trackback:0

PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。